代表あいさつ

代表取締役社長 安西 正幸 代表取締役社長 安西 正幸

世の中のニーズを素早く捉え、
常に社会に貢献できる技術集団として。

ますます高度化、複雑化する産業構造の中で本当の意味でユーザーニーズにお応えするには、単純にカタログスペックを製品に展開するだけではなく、ニーズの本質を的確に把握し背景を理解した上でラインへの供給性向上や付帯技術の紹介など一歩踏み込んだサービスを提供できるだけの実力が必要であります。

われわれが今日技術集団を自負できるのは、創業以来こうしたユーザーニーズに前向きに取り組んできた結果の蓄積であると確信しております。

今後とも協同シャフトの製品をご愛用頂くため、また新規採用をご検討頂くため、われわれはユーザーニーズを大切にしていきたいと考えております。

是非、われわれの生産活動も貴社の工程の一部と考えて
ご指導頂きますようお願いいたします。

2017年9月

代表取締役社長
安西 正幸