生産体制について あらゆるシャフトへの
要望をかなえる対応力

01

一貫した生産管理体制で
リードタイムを把握。

ロット毎にコードを発行し、各工程スケジュールを集中管理。
発注から納入まで、必要な時間を的確に把握することで常にタイムリーな納品体制に努めています。
また、更なるリードタイムの短縮や、需要に対する反応能力の向上、コストダウン提案なども積極的に行っております。

一貫した生産管理体制でリードタイムを把握。
02

様々なラインを駆使し、
機能やロットに応じて合理的に生産。

引き抜きライン、熱処理ライン、研磨ラインなど様々な設備機器を使用。シャフトに求められる機能性やロットに応じて、生産工程を構築しています。より無駄のない工程で生産を進めることでコストダウンも実現。あらゆる条件を満たすシャフトを生産しています。

様々なラインを駆使し、機能やロットに応じて合理的に生産。
03

約1万個のダイスを保有管理し、
バリエーション豊かなシャフトを生産。

長年のシャフト製造に関わる実績により、約1万個のダイスを保有管理しています。安定した製品を送り出すために、使用によってサイズが広がっていくダイスの製品寸法を最新の投影機で測定。内径0.001mmまで管理して、寸法の誤差が生じないように徹底。使用したダイスのメンテナンスにも細心の注意を払っています。

約1万個のダイスを保有管理し、バリエーション豊かなシャフトを生産。
04

関連企業との技術連携により、
ニーズに応じた加工製品を提供。

製造したシャフトにさらなる加工が必要な場合は、確かな技術力を持つ関連企業との連携で対応しています。防錆、耐食性、耐摩耗性、硬度を高めるメッキ加工など、製品に求められるオーダーに応じた加工を行っています。

関連企業との技術連携により、ニーズに応じた加工製品を提供。
05

お客様と綿密なヒアリングを行い、
高品質な製品の供給に努めています。

お客様のご要望に可能な限り近づける事が協同シャフトのポリシーです。
そのためにはお客様ごとに求められる製品特性を深く理解するための徹底したヒアリングを行っております。
全国各地に営業担当が伺いますので、遠方のお客様でも綿密な打ち合わせが可能。
試作品の開発を繰り返すことで最適な製品の供給を実現いたします。

お客様と綿密なヒアリングを行い、<br>高品質な製品の供給に努めています。

設備一覧※画像をクリックすると詳細画像が表示されます。

  • 連続抽伸機
    連続抽伸機 4
  • ドローベンチ
    ドローベンチ 2
  • 熱処理炉
    熱処理炉 4
  • 伸線機
    伸線機 10
  • 矯正機
    矯正機 5
  • 切断機
    切断機 2
  • 面取り機
    面取り機 2
  • 研磨機
    研磨機 5
  • 酸洗設備
    酸洗設備 1

製造プロセス

磨きシャフト Bar to Bar

磨きシャフト Bar to Bar 磨きシャフト Bar to Bar

磨きシャフト Coil to Bar

磨きシャフト Coil to Bar 磨きシャフト Coil to Bar

冷間圧造用ワイヤー Coil to Coil

冷間圧造用ワイヤー Coil to Coil 冷間圧造用ワイヤー Coil to Coil

研磨シャフト

研磨シャフト 研磨シャフト

加工仕上げシャフト

加工仕上げシャフト 加工仕上げシャフト